子供を育てるうえでいかに教育して成長させるか

「教育」と聞いてまず想像するのは、学校教育すなわち、小学校に子供を入学させてから、国語・算数・理科・社会を、学校で習うようになってからです。
ENTRY

子供を育てるうえでいかに教育して成長させるか

子供を育てるうえでいかに教育して成長させるか 「教育」と聞いてまず想像するのは、学校教育すなわち、小学校に子供を入学させてから、国語・算数・理科・社会を、学校で習うようになってからです。たいていはテストにより、評価され、その評価によって評価がそぐわないと親は子供にその教科をどう教育していこうか、考えるのが一般的です。それが塾だったり、家庭学習だったりします。

最近、塾が多様化していて、また、数も多くなり塾に通わせる親が多くなってきました。しかし、塾のうたい文句に安心し、親が安心しきり、塾に教育を任せきりにする親も多く見られます。結果、塾に通わせているにもかかわらず、子供の成績が降下しているパターンが多く見受けられるようになりました。一部の塾をのぞいて、塾は子供の弱点を分析して補強はしてくれません。教育は他人に任せきりにせず、本来の役目である親が主体となってすべきです。塾は助っ人として利用し、親が主体となって教育をすすめていきましょう。

親が主体となって教育をすすめていくのは、忍耐、体力、計り知れない精神力が必要です。しかし、親が主体となってすすめていくと、自分の子供の弱点がみえてきます。その弱点を補強することこそが教育です。それは時には、子供とのぶつかりあいによってくたくたになることもあるでしょう。時にはそれに悩むこともあるでしょう。しかしコツコツそれを行うことによって、いつか子供は親の愛に気づきます。